休業のご案内

9/19(土)~9/22(火・祝)はお休みさせていただきます。

休業日中のご注文やお問い合わせにつきましては、平常通り受付いたしておりますが、メールの返信、出荷は休業日明けの9/23(水)より順次対応させていただきます。

天候や交通事情により、商品がご希望の配達指定日に到着しない場合がございます。
お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいませ。
(商品の遅配については、直接、配送会社へお問い合わせくださいませ。)

外宮せんぐう館前宮忠本店とおかげ横丁宮忠は、年中無休で営業いたしております。
※休業中、外宮せんぐう館前宮忠本店・おかげ横丁宮忠へお問い合わせいただいても、お応えできないこともありますのでご了承ください。

 

【宮忠ロゴ入り】2020年(令和2年)版カレンダー 伊勢講暦(いせこうごよみ)

こちらの商品は完成次第の発送となります。

2020年版のカレンダーです。

お伊勢参りの「伊勢講」が日本の津々浦々に行き渡っていた江戸時代には、毎年新しいお札(神宮大麻)を配るために、伊勢から御師が日本中の村々を訪れました。
そのとき、伊勢土産のひとつとして重宝されたのが「伊勢暦」です。
八十八夜、二百十日などの農業に重要な日が記されたこの暦は、日常の必需品として人びとの生活に入り込み、伊勢との絆を強める役割を果たしたと言われています。
この「伊勢講暦」は、その故事にちなんだ現代の「伊勢暦」。
“神宮と神領”の一年がわかるカレンダーです。

今回のテーマは「令和—伊勢—」です。

新元号「令和」は日本最古の歌集『万葉集』を出典としますが、万葉集が憧れを込めて万葉人が憧れを込めて「美し国(うましくに)」と詠んだのは、ここ伊勢の地でした。天照大御神を中心に多くの神々が鎮座されている伊勢—その令和の姿をご紹介します。

写真は神宮とその周辺風景で、カメラマン六人によるすべて撮りおろし作品です。
また写真に合わせて、昨年角川短歌賞を受賞した山川築氏(伊勢市在住)に短歌を詠んでいただきました。
「美し国」伊勢を、歌と写真から感じ取っていただけたら幸いです。

※祭・催し物は主催者側の都合により変更になる場合があります。お出かけの際はご確認くださいませ。


心のふるさと伊勢と全国を結ぶ伊勢講ごよみ
2020年テーマ 「令和 —伊勢—」
写真家6人による撮り下ろし

伊勢講暦 2020年カレンダー
1・2月 新しき年、早朝の宇治橋 : 森 武史
3・4月 月夜見宮の桜 : 溝口 照正
5・6月 初夏の小社神社 : 阪本 博文

伊勢講暦 2020年カレンダー
7・8月 五十鈴川の上流 : 梅川 紀彦
9・10月 神宮林を望む : 山根 稔生
11・12月 外宮の神馬牽参 : 鈴木和宏



■サイズ(約・mm)B3判カラー
横364×縦515

7枚綴り(1枚/2ヶ月分)
■重量(約・g)
■材質紙製
■お手入れの方法
■替え時・処分の方法

【宮忠ロゴ入り】2020年(令和2年)版カレンダー 伊勢講暦(いせこうごよみ)

価格:

1,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


いただいたご質問にお答えしている、
“宮忠Q&A 一文一燈”もご覧ください。

こちらの商品は、店頭でも販売いたしております。
在庫状況はすぐ反映するよう努めておりますが、売切れの場合はご容赦ください。

商品写真の色合いは、お客様がお使いのパソコンの環境により若干異なって見える場合がございます。


ページトップへ