火打石セット らくらく火打鎌

火打ち道具は、平安時代には庶民の手には届かない貴重な御神宝でしたが、江戸時代になると一般庶民にも普及し、竈(かまど)や灯明、たばこの火などを点けるのに盛んに使われるようになりました。

マッチ以前の古い道具。

一見不便そうですが、使い慣れるとカチッと一発で火種ができ、炎が上がるまで10秒とかかりません。
また、火打ち石には火起こし道具としての他、古くから厄除け、縁起担ぎとしての使い道もあります。

お出かけの前に「いってらっしゃい」と切り火で送り出されるのは、清々しく気分のいいものです。
あの銭形平次の親分も火打ちで送り出される場面がありました。

縁起の悪いことや危険な目に遭わないようにと、今でも伝統を重んじる職業の人、芸能人や落語家、花柳界の方や、鳶(とび)職、大工など危険な業務に従事する方たちにも愛用されています。

※映像では、らくらく火打鎌(大)無地と火打ち石(水晶)を使用しています。

※鎌は火打ち石に叩き付けず、マッチを擦る様にお使いいただくと小さな力で切り火が出ます。
  また、鎌や石を痛める事も防げます。

火打石セット らくらく火打鎌

※石の角が鋭く尖っていますので、手を切らないように十分ご注意下さい。

お客様の声にお答えして、らくらく火打鎌との火打石セットが出来上がりました。

ここ一番の勝負の前にカチカチ、危険な目に遭わないようにカチカチ、粋でいなせな江戸っ子のステイタスシンボルでもあった火打道具を古くも新しい日本の文化としてご愛用ください。


■サイズ(約・mm)【火打石】
幅51×奥行37×高25 (参考商品)

【らくらく火打鎌】
幅43×奥行10×高75 (参考商品)

【化粧箱】
幅57×奥行106×高53 (参考商品)

【セット内容】
火打石×1個
らくらく火打鎌×1個
■重量(約・g)【火打石】41(参考商品)

【らくらく火打鎌】35 (参考商品)

【総重量(箱含)】101 (参考商品)
■材質火打石(めのう) 他
■お手入れの方法
■替え時・処分の方法石が丸くなって、火花が出難くなったら新調してください。

火打石セット らくらく火打鎌

価格:

2,500円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ


いただいたご質問にお答えしている、
“宮忠Q&A 一文一燈”もご覧ください。

こちらの商品は、店頭でも販売いたしております。
在庫状況はすぐ反映するよう努めておりますが、売切れの場合はご容赦ください。

商品写真の色合いは、お客様がお使いのパソコンの環境により若干異なって見える場合がございます。


関連商品 ※上の商品と一緒にカゴに入れることができます※

火打石 御浄具箱 小(無地火打鎌)

3,600円(税込)
購入数

火打石 御浄具箱 小(厄除け火打鎌)

3,600円(税込)
購入数

火打石 御浄具箱 大 宮忠

5,400円(税込)
購入数

火打石セット 宮忠

3,900円(税込)
購入数

火打石セット 厄除け

1,900円(税込)
購入数

御浄具 火打石 (袋入り) 

1,250円(税込)
購入数

火口(ほくち)

1,800円(税込)
購入数

火口セット

1,800円(税込)
購入数 セット

火打鎌 無地 2.5号

1,600円(税込)
購入数

らくらく火打鎌

1,620円(税込)
購入数

火打石 大 4号

2,450円(税込)
購入数