榊の苗(サカキの苗)

こちらは季節商品のため、例年の販売期間は、秋のお彼岸の頃(9/20頃)~4月末頃までとなります。

※ただし天然のお品となりますので、その年々により変わる場合もございます。お問い合わせください。



■神前に供える榊(さかき)
神社の境内などに植えられる、ツバキ科の常緑高木。

古来より、神木として神前に供えられています。
その枝に白紙を懸けたものを玉串と称し、神様を祭る際に献げられます。

国字(日本でつくられた文字)である「榊」は、これから生まれたと云われています。
また、榊は年中葉が緑色であることから、「栄える木」とも云われ、
縁起の良い木としても知られています。

その榊の苗を、自ら育て、神棚に供えてみませんか。

榊の苗木(サカキの苗木)

榊の苗木(サカキの苗木)

榊の苗木(サカキの苗木)

※こちらのお品は、アソート販売です。
 苗木の大きさや形・色は弊社にお任せください。

【荷具(梱包費用)につきまして】
榊の苗は形状上、発送時に長物になりますので、別途荷具(梱包費用)が1,080円かかります。
何卒、ご了承くださいませ。

こちらのお品は他のお品と同梱出来かねます。


【榊の育て方 その1】

庭植え編

●植え方
半日陰の場所に、苗に合った穴を掘り、根の周りに土を固め十分に水を与える。

●水のやり方
植える時に水を与え、その後は、土が乾いてきたら水を与えるが、自然の雨水で良い。
但し、1週間雨が降らない場合は日に1回水を与える。

●肥料
植えたときは肥料をやらずに、新芽が出た時に油粕を与える。
その後、3ヶ月に1回を目安に3つ指でつまむ程度の油粕を、左右に置く。
夏期は与えなくて良い。
(匂いが気になる場合は、苗木から15cmのところに穴を掘り、土の中に入れ込む)


【榊の育て方 その2】

鉢植え編

●植え方
深鉢の底に市販されている赤玉土又は、鹿沼土(水分を保持する土)を鉢に対して2〜3割敷き詰め苗を置き、土をかぶせる。

●水のやり方
土の表面が乾いたら水を与える。

●肥料
植えたときは肥料をやらずに、新芽が出た時に油粕を与える。
その後、3ヶ月に1回を目安に3つ指でつまむ程度の油粕を、左右に置く。
夏期は与えなくて良い。
(匂いが気になる場合は、苗木から15cmのところに穴を掘り、土の中に入れ込む)


■サイズ(約・mm)底径90~120×長770~1000(参考商品)
■重量(約・g)751~896(参考商品)
■材質
■お手入れの方法※上記の説明文をご参照ください。
■替え時・処分の方法

榊の苗(サカキの苗)

価格:

1,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ


いただいたご質問にお答えしている、
“宮忠Q&A 一文一燈”もご覧ください。

こちらの商品は、店頭でも販売いたしております。
在庫状況はすぐ反映するよう努めておりますが、売切れの場合はご容赦ください。

商品写真の色合いは、お客様がお使いのパソコンの環境により若干異なって見える場合がございます。


関連商品 ※上の商品と一緒にカゴに入れることができます※

造花榊葉 小

410円(税込)
購入数

造花榊葉 大

920円(税込)
購入数

玉垣 3寸

7,100円(税込)
購入数

玉垣 3寸5分

7,100円(税込)
購入数

玉垣 4寸

9,300円(税込)
購入数

玉垣 5寸

16,500円(税込)
購入数

玉垣 6寸

24,200円(税込)
購入数

角榊立 3寸

900円(税込)
購入数

角榊立 3寸5分

1,000円(税込)
購入数

角榊立 4寸

1,100円(税込)
購入数

角榊立 5寸

1,450円(税込)
購入数

ページトップへ