神棚 茅葺一社宮 正殿型(大)〈K-31〉

神棚 茅葺一社宮 正殿型(大)〈K-31〉


送料無料


五角形をした材料、これを笠木(かさぎ)・甲板(こういた)と呼び、神棚の中で一番大きな幅(間口)寸法となります。

この笠木と障泥板(あおりいた)には木口鉋(こぐちかんな)仕上げが施され、面取りもしてあります。

笠木の上に乗る丸い形をした鰹魚木(かつおぎ)には、錺(かざり)金具が取り付けられていますが、この神棚の鰹魚木は神宮の正殿と同じように真直な丸棒ではなく、中程をふくらませて太鼓型に造っています。
破風(はふ)は木口鉋をし、面取りも欠かしません。

笠木の上に、斜めに四本そびえる穴のあいた材・千木(ちぎ)は内宮正殿の千木と同じく内削ぎ(うちそぎ)に造られ、四角い穴・風穴(かざあな)はひとつひとつ切り抜いて作ります。

(※屋根板や裏板には、スプルスを使用しております。)
御扉廻りの材料にはひときわ気遣い、できる限り目が細かく、柾目の通った材料を使用します。
御扉の上錺(かざり)金具は厚手銅下地本金鍍金仕上げで、もちろんひとつひとつを釘で打ち付けています。
高欄も上錺金具で釘打ちしています。

御扉上錺金具と階段、高欄の上錺金具でおおよそ70本程の釘を使って打ち付けています。
高欄の架木(ほこぎ)に面取りをします。

平桁、地覆(ひらけた、じふく)は木口鉋仕上げをし、面取りを施します。

木口に面取り、鉋仕上げをすることで、とても上品な神棚(神殿)になります。

階段(きざはし/きだはし)にも木口鉋仕上げ、面取りはもちろんのこと、手造りの魅力を十分に感じていただけます。

儀宝珠(ぎぼし)は真鍮地金本金鍍金仕上げをしています。
土台にも木口鉋仕上げ、面取りを施します。
自信を持ってお勧めできる神棚(神殿)に仕上がっております。
御神札を入れて頂くには、まず高欄を外して、次に御扉を取り外してお納めください。
御神札は、神棚内側のお部屋・内陣(ないじん)に納めます。

御扉を外す時に、御扉がどのようにしてはめ込まれているか、ゆっくりと確認しながら外してください。

御扉の下の方から手前に引き出すと外れます。はめ込む時は、御扉を斜めに持っていき、上部から外した時の逆の方法で入れてください。
内陣の底も取り外すことができます。

伊勢神宮・正殿ニできるだけ近づけた逸品です。
材料・金具ともに最高のものを使用しています。
大きな御神札でもお祀りすることができます。
扉、高欄の取り外しが可能ですので、御神札はそちらからお入れください。

■サイズ(約・mm)幅650×奥行405×高さ570
土台:幅500×奥行310
有効奥行き:405
※有効奥行きについてはこちらをご覧ください(別ウィンドウが開きます)

《内陣寸法(約・mm)》
幅240×奥行70×高さ370
■重量(約・g)7000
■材質木曽桧他
■お手入れの方法毛払いなどでホコリを掃い、乾いた布巾などでカラ拭きしてください。
■替え時・処分の方法およそ20年。
お近くの神社にて炊き上げて処分してください。


宮忠では伊勢神宮の5種類の御神札(おふだ)をお祀りいただけるよう、様々なサイズの神棚をご用意いたしております。

■こちらの神棚でお祀りいただける御神札
頒布大麻剣先大麻角祓大麻大角祓大麻神楽大麻
御神札のサイズについてはこちらご覧ください。

神棚 茅葺一社宮 正殿型(大)〈K-31〉

価格:

176,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

神棚と一緒にお祀りするお品のご紹介
神棚板セット
神鏡 鏡+雲形台
神具ハーフセット
桧遠山セット
神具フルセット
長膳セット
  
土器類
灯籠(とうろう)・ろうそく類
真榊
弊社おススメのセット商品はこちらからお求めいただけます。



関連商品 ※上の商品と一緒にカゴに入れることができます※

神棚用 「雲」抜き文字(米ヒバ)

1,550円(税込)
購入数

神棚用 「雲」抜き文字(木曽桧)

1,960円(税込)
購入数

造花榊葉 小

410円(税込)
購入数

造花榊葉 大

920円(税込)
購入数

玉垣 3寸

7,100円(税込)
購入数

玉垣 3寸5分

7,100円(税込)
購入数

玉垣 4寸

9,300円(税込)
購入数

玉垣 5寸

16,500円(税込)

玉垣 6寸

24,200円(税込)
購入数

板玉垣(中)

3,600円(税込)
購入数

板玉垣(小)

2,600円(税込)
購入数

ローソク 雪だるま

360円(税込)
購入数

ページトップへ